転職活動体験談:募集企業の方とカジュアル面談しました

転職
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

個人的に少ないカジュアル面談

ビズリーチさんなどいくつかの転職サービスに登録しています。
「東大卒の方だと、学歴だけでガンガンオファー来るんでしょ?」とお思いの方もいらっしゃいますが、そうでもないです…。

感触としては、95%「転職エージェント」の方からのご連絡です。
誰もがご存知のところを上げると、パソナさんとかですかね。

その転職エージェントさんのバックに募集企業がいらっしゃって、その方たちの依頼を受けて動いているようです。
つまり、【募集企業】→転職エージェント→転職サービス→【求職者】という2クッションになっている案件が多そうです。
いくつかお話を聞いてみたのですが、結局ビズリーチさん抜きで、自社のサイトに登録をすすめるような流れができているようです。
(パソナさんのマイページはありがたく活用させていただいています。けなす趣旨ではありません)

そういうことがあって、「ビズリーチさんに課金する意味とは…?」とボンヤリ考えていたんですが、
先日募集企業さん(当然伏せますが)から直接メッセージをいただいて、カジュアル面談に誘っていただきました。

カジュアル面談とは

転職サービス(今回はビズリーチさん)に提出している程度の個人情報/企業情報のみをシェアし、(=履歴書などは非提出)
選考を前提にせず、ビジネスについての考え方や現状をざっくばらんに話すという趣旨の面談です。
時間が合わなかったのでリモート会議になったのですが、とても良かったです。


お会いしたのは、人事・採用担当の方ではなく、現場の管理職の方で、色々なナマのお話が聞けました。

  • 現在マンパワーを増強したい理由、喫緊の課題
  • 現メンバーのバックグラウンド(中途が多いか少ないか、多い場合は前職の傾向など)
  • リアルな働き方(リモートワークの実施状況など含む)
  • 主な勤務地、待遇(肩書や大凡の給与)
  • 具体的に走っているプロジェクトのさわり
  • 自分にレターを送ってくださったきっかけ
    …などなど。

(文字通り)最も選考者のお顔が見え、業務のイメージも非常につきましたし、

「いま出来ないことでも、あなたのバックグラウンド(学歴・職歴・資格)なら
すぐキャッチアップできると思う」といってくださいました。

現場の方からの評価と思うと非常に嬉しかったです。

ですが、結果としてこちらの会社はお断りしました。

お恥ずかしいながらあまり存じ上げない業界だったので(つまり、別業界の同職種というやつですね)、
過去のニュースやHPの体制、口コミなどを拝見したところ、

仕事は楽しそうでしたし、転職した「瞬間」は年収が上がりそうだったんですが、「そのあとどうなんだろう…?」
という懸念が少々強かったのが理由です。

つまり、今後の業績予想と、そこから推測できる賃金カーブの傾き方ですね。

まとめにかえて

お互いに肩肘張らない面談で、しつこいですが非常に良かったです。
上で2クッションと書きましたが、多くは
【現場の方】→人事部・採用G→転職エージェント→転職サービス→【求職者】

なので、3クッション入っている場合もありえますね。行くのは「現場」ですから、近ければ近いほどいいなぁと思った次第です。

ちなみに、最近パソナさんで「タレプロ」サービスなるものを初めたようで、登録してみました。
こちらは、職務経歴書の抜粋をみて、募集企業の方から直接メッセージをいただける機能のようです。
本日から運用開始ですので、また動きがありましたらこちらでシェアします。

お読みいただきありがとうございました。

転職
スポンサーリンク
ガっくんをフォローする
ガクチリ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました