東大は入ってからも大変?東大生の勉強ぶりについて

灘ネタ・東大ネタ雑談
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。灘・東大卒、勉強マニア・資格マニアのガっくんです。

ドラマ「ドラゴン桜」(新)が終わってしばらく経ち、東大受験も随分身近になってきたのではないでしょうか(?)

いっぽうで、「東大に入ったあとの生活はどうなの?」「東大は入ってからも大変?」といったことについてはあまり触れられていないように思います。
今回は、「東大は入ってからも(そこそこ)大変ですよ」という話をさせていただきたいと思います。

こんな人に読んでほしい

ドラゴン桜や東大王で東大に興味を持ったあなた
志望校の一つとして東大を目指しているあなた

東大入試の募集学部は実はひとつだけ

「東大法学部現役合格」みたいな言い方をたまに聞きますが、こちらは実はあまり正しくありません。
東大入試は、一般的な大学のように学部ごとの募集ではなく、「教養学部」という学部で募集が行われます。(指定校推薦などの例外あり)
教養学部の中に「科類」というものがあり、それが「文科一類・文科二類・文科三類、理科一類・理科二類・理科三類」と分かれています(本当はローマ数字)

東大入試で”入りやすい”学部ほど大変な「進学振り分け」制度(進振)とは

東大入試に合格し、いったん教養学部に集められた学生たちは、目黒区にある駒場キャンパスというところで2年間過ごしたあと、
3年生からそれぞれの学部に分かれ、キャンパスも本郷に移ります(理学部数学科などの例外あり)。

3年生からの進学先を決めるシステムが「進学振り分け」(通称進振り・シンフリ)です。

東大の教育方針「リベラル・アーツ教育」と「レイト・スペシャライゼーション」によるものだそうですが、
極論、もう一回入試があるようなものです。

進学振り分け制度イメージ
©旺文社


文1→法学部、文2→経済学部、理3→医学部医学科など、教養学部時代の科類ごとに割り当てられている枠と、
それ以外にすべての科類に開かれている枠があります。
イメージとしては、「行きたい」と立候補した学生の中から、1・2年次の成績順に希望が叶えられる感じです。

ですので、1・2年次の成績が悪いと、行きたい学部に行けません。
(逆に、入学後の成績が良ければ、理3でなくとも医学部に行くことは可能です)

ちなみに、希望の学部に行けないときに留年のようなこと(降年といいます)が出来ますが、それも2回までで、
4年かけても3年生になれなかった場合、「放校」になります。
放校は中退とは違って、入試に合格したことも履歴書に書けない厳しい処置です。

ドラゴン桜なんかだと、文系なら文3、理系なら理1が入りやすいと言っているようですが、
これらは母集団も多く(「石を投げれば理1に当たる」ということわざがあります)、競争が特に熾烈なため、
入学後めっちゃ大変です。
選択した科目の勉強を頑張るのはもちろんですが、
「いかに簡単に高得点を取れる科目か(くれる先生か)」を意識して科目の選択をする必要があります。
情報戦です。

東大文1、文2は予備校漬けが多い

学習する男性

「東大文1→法学部」や「東大文2→経済学部」は進振りで枠が十分取られている(これを「進振りが無い」と言ったりします)のですが、
ラクかというと決してそんなことはなく。

わたしのいた法学部の場合だと、まず何故か教養学部生のときから法学部の専門科目が始まります。
これも必修科目なので、ぶじ法学部に進めても、わざわざ駒場キャンパスまで授業を聞きに行く必要があったりします(これをバッ駒といいます)。

それから、多くの人が司法試験か国家公務員試験の受験を視野に入れているので、
教養学部生のうちから予備校に行く人が多いです。(これをダブルスクールといいます)
(ちなみに…東大法学部の先生よりも、司法試験予備校の先生のほうが教え方がうまかったりして…)

で、司法試験や公務員試験に合格できなかった人たちが、
翌年ふつうに就職(これを「ミンカン」といいます)するために、
わざと留年したりします。わたしのときは同学年の留年率がだいたい40%だったかと。
新卒ってそれくらい強い資格なんですよね。

東大入試で出願する科類は慎重に

メリットとデメリット

東大の1・2年次に学部が分かれていないが故に、
あまりイメージが沸かず、偏差値などに注目してしまいがちですが、
将来何がしたいか、どこの学部に行きたいかをイメージして出願する必要があるなーと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました